しゅふ探

主婦の見たい!知りたい!定番から流行りの話題までいろいろ共有したいことを綴っています!!

お・に・く

f:id:syufutantei:20171007205001p:plain

 

 

んん?!いきなり肉って???と、思われましたか?(苦笑)

 

こんばんは~、マウです。

 

今、ちまたに多数出現している“肉食系女子”か?

はい!!大好きなんです、お肉!

特に牛の赤身、大好物です。

 

ヒレ・サーロイン・リブロース・肩ロース・もも・ミスジ・イチボ・・・

美味しいお肉の種類、いっぱいありますよね。

(なんや!?結局、全部好きなんかーーーい!ハイ!好きです。www)

 

ステーキ・焼肉・お鍋・・・寒い時期には特に食欲が止まりません。

そして、赤身のお肉ならダイエットにだって最適!

高タンパク・低カロリーでビタミン・ミネラルも豊富に含まれ、基礎代謝

アップする優秀食品なんです。

 

お肉=(イコール)高カロリーというイメージを持っている人も

いると思いますが、、、実は、実は!脂身がほぼ無い赤身肉の場合、

皆さんがダイエット食品としてよくご存じの鶏ササミとカロリーは

さほど大差がないんですよね。

 

あの某有名な“R〇〇〇〇”というダイエットプログラムで「高タンパク・低糖質」と

言われ、(私も実践済みで11㎏、ダイエットに成功した組。そのお話もまた

追々ご報告します。)赤身肉を食べて運動→新陳代謝が上がるというわけなんです。

 

そんな美味しくて、ダイエットにもおススメのお肉。

産地によっても、味や食感にそれぞれ特長がありますよね。

 

外国産のものは霜降り状はなく噛み応えのある、肉々しいワイルドな味。

日本のものは部位によっても異なりますが、全体的に霜降り肉が多く柔らかい、

そのサシが入っていることにより脂っぽいと感じる方もいます。

 

そう、そう、皆さん、知ってました?“国産牛”と“和牛”の違い。

「えっ?一緒じゃないの?」と、思われませんでした?私もそう思ってました。

 

実はちゃんと違いがあるんです。

日本で牛肉は『和牛』・『国産牛』・『輸入牛』の3つに分類されています。

 

『和牛』と呼んで良いのは、日本の在来種を元に交配を繰り返し改良されたもので、

日本国内で出生して生育されたものに限られ、

◆ 黒毛和種

◆ 褐色和種

◆ 日本短角種

◆ 無角和種  の4品種だけだそうです。

 

そして、『国産牛』は輸入されてから3ヶ月間以上、日本国内で飼育されていれば

“国産牛”と称されるんです。つまり、生きたまま輸入すればオージービーフでも

アメリカンビーフでも日本で3ヶ月以上飼育されれば“国産牛”になるんです。

 

国産牛は“ホルスタイン種”や“ホルスタイン種”と“和牛”を掛け合わせた、交雑種が

ほとんどだそうです。

 

暑い季節も「夏バテしないように!」と、肉。

これからの季節「今夜は寒いから、お鍋!」と、肉。

とにかく、なんやかんやと理由をつけては年中、肉・肉・肉・・・

 

私たち世代にはホント、お肉必要ですよ。

お肌は潤うし、パワーが出る!!

皆さんも今夜はお肉パーティー、いかがですか?